現在地: HOME / ニュース / 業界ニュース / 太陽電池パネルの原理と構造は何ですか?

太陽電池パネルの原理と構造は何ですか?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2021-03-31      起源:パワード

the太陽光発電発電システムは、太陽電池パック、太陽光発電管および蓄電池(グループ)で構成されています。出力電力がAC 220Vまたは110Vの場合、インバータも必要です。各部分の機能は次のとおりです。太陽光発電システム - HommⅢ

(1)太陽電池パネル:ソーラーパネルがの核心部分です太陽光発電システムそしての最も貴重な部分太陽光発電システム。その機能は、太陽の放射力を電気エネルギーに変換するか、保管用の蓄電池に送るか、荷物を駆動することです。

(2)ソーラーコントローラ:ソーラーコントローラの機能は、システム全体の作業状況を制御し、バッテリーを過充電や過放電から保護することです。温度差が大きい場所では、適格なコントローラも温度補償の機能を持つ必要があります。コントローラには、Light Control Switchや内部時間制御スイッチなどの他の追加機能をオプションにする必要があります。

(3)電池:一般的に鉛蓄電池、小型およびマイクロシステム、ニッケル - 水素電池、ニッケル - カドミウム電池、リチウム電池も使用できます。その機能は、光があるときに太陽電池パネルによって発生する電気エネルギーを保存し、必要に応じてそれを解放することです。

(4)インバータ:太陽エネルギーの直接出力は、通常12VDC、24VDC、48VDCです。電気エネルギーを220VAC電化製品に提供するためには、太陽光発電システムによって発生されたDC電力をAC電源に変換する必要があるため、DC-ACインバータが必要です。

ソーラーパネル(太陽電池モジュールとも呼ばれる)は、太陽光発電システムの中核部分であり、その最も重要な部分である複数の太陽電池によって組み立てられます。太陽光発電システム


関連製品

ゾーンワン、国寺工業団地、
江蘇省高郵市

ナビゲーション

製品カテゴリ

NewsLetter

©2020 HOMMIIEE |全著作権所有 サイトマップ| GoodWaimaoによるサポート